初診の方へ

接骨院とは?

接骨院は、国家試験に合格し厚生労働大臣から柔道整復師免許を与えられた専門家による施術を受けることができる施設です。 柔道整復術は柔術の基本である武道の「活法」を基本としており、手術や投薬などを行わない方法で骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(筋・腱の損傷、肉離れ)などを治療します。そのため、患者様にかかる身体的負担をより軽くすることができます。 怪我の応急処置からリハビリやテーピング、日常生活での原因・対策・予防の指導まで、症状によっては整形外科と連絡を取りながら治療を行います。

 

 

院長挨拶

当接骨院は昭和24年開院以来60有余年、葛飾区四つ木の地で業務を行っています。開院当時は田んぼや沼地が広がる地域でしたが、そこに畳六畳の治療室から出発し、昭和27年には安谷屋道場豊道館を設立、嘉納治五郎先生の教えを遵守し、「精力善用、自他共栄」を信念に、また治療においては講道館柔道八段として長年培ってきた柔道整復師の伝統的な手技を存分に実践し、骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがをした患者さん一人ひとりが本来持っている「自然治癒力」を引き出すことを念頭に今日まで治療を行ってきました。

 

 

初めての方へ

初めての方は受付にて保険証のご提示をお願いします。問診票をお渡ししますので痛みの症状やきっかけなどをご記入ください。

 

ご記入いただいた問診票を基にカウンセリングをしながら、触れたり動かしたりしながら患部の状態・痛みの原因などを究明します。

 

カウンセリング後、症状と痛みの原因を取り除くための治療方針についてご説明します。

 

ひとりひとりの身体や症状に合わせた最適な治療を行ないます。治療終了後は今後の治療方針や留意点についてお話をします。

 

お会計時に診察券をお渡ししますので、次回ご来院の際には忘れずにお持ちください。

 

 

 

 
スマートフォン | パソコン